一般的なサイズで、初心者にもお勧めの60cm水槽でのネイチャーアクアリウム作成方法を紹介します。*現在部分公開中です。ただいまメンテナンスの項を執筆中です。


by ANI-1124

カテゴリ:§0 Introduction( 1 )

§0 Introduction

・ネイチャーアクアリウムを始める前に

最近は癒しを求めて、水草水槽を製作される方が増えてきています。きれいな水槽を見るのは大変癒されることですが、一つ忘れていることがありませんか?
それは
「生き物の命を預かっていること」

ネイチャーアクアリウムを製作維持するに当たって、常に頭に入れておかないといけないことです。
生き物のことはそっちのけで、レイアウト重視。この考え方をするようにはなりたくないものです。
水草も熱帯魚もエビも生き物ですから、飼育者の管理をしなければ、生きていけません。

きれいにレイアウトされた水槽を自宅に置きたくなるのは誰でも一緒ですが、果たして自分は生き物の命を預かっていけるのか。それをしっかりと考えた上で、ネイチャーアクアリウムを始めていただければと思います。残念ながら命を預かる自信のない方は、申し訳ありませんがネイチャーアクアリウムは辞退頂きたいと思います。

では、すると決めたらまずさいしょにおこなうものは何か。それは
「情報収集」
です。
b0203517_23345759.jpg

ネイチャーアクアリウムの作品をじっくり観察したいときはADAが出している製品カタログや月刊誌(アクアジャーナル)、ネイチャーアクアリウムを実践されている方のリアルタイムな経験、日常を知りたいときは、個人のブログを参考にすると良いと思います。
そうやって情報収集をすることにより、自分が今何をしたいのか、どういうレイアウトがすきなのか、自ずと見えてくるはずです。

始めたばかりだとどうしても失敗がつき物ですが、それを悔やむ必要はありません。その失敗を糧に次につなげていけばいいのです。失敗したら、なぜ失敗したのかを吟味し、それを繰り返さない。これが上達への道です。アクアリウムは楽あれば苦ありの世界です。せっかくの楽しい趣味がストレスにならないよう、肩の力を抜いて楽しんでください。

そして最後に
当ブログの内容は、あくまでも我が家での実践方法であり、書籍やWEBページなどからの引用は一切ありません。すべて経験をもとにして書いていますが、当ブログを参考にする場合は自己責任でお願いします。
[PR]
by ANI-1124 | 2010-08-25 19:48 | §0 Introduction