一般的なサイズで、初心者にもお勧めの60cm水槽でのネイチャーアクアリウム作成方法を紹介します。*現在部分公開中です。ただいまメンテナンスの項を執筆中です。


by ANI-1124
 きれいに生い茂る水草水槽を見るのは誰だって癒されますよね。また、その水草水槽を見て「自宅にこのような水槽があれば」と思った方もおられるでしょう。このページでは、初心者の方にオススメの60cm水槽を使った水草レイアウトの楽しみ方を解説します。

・三角構図のレイアウト。
b0203517_1713750.jpg

・このような水景は短期間で完成させることができます。
b0203517_17115638.jpg


◎水草とは何ぞや
生物学の世界で水草というと、浮水植物、抽水植物、浮葉植物、沈水植物に分けられますが、それらはすべて水中で育成できるわけではありません。例えばガマは抽水植物ですが、水中にあるものは根だけです。アクアリウムで用いる水草は、草体のすべてが水中に沈んでも育成できる種を使用します。これらは、完全な水中生活をするものと、水中・水上どちらでも生活できるものと2つに分けることができます。

・水草の水上葉と花。ショップに入荷する際は水上葉で入荷することも多いです。
b0203517_1649147.jpg

・完全な水中生活を送るホッスモ(イバラモ科)。
b0203517_16542384.jpg

・有茎草と言われるこのグループは、初心者の方にも人気があります。
b0203517_16581083.jpg

・ロゼット型と言われるこのグループは、流木や岩の際に植えると自然観が増します。
b0203517_16591040.jpg

[PR]
# by ANI-1124 | 2010-08-25 17:17